スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災地へのアレルギー患者支援(2)
今日(2011年3月27日)の朝日新聞
被災地でのアレルギー患者支援についての
記事が掲載されていました。

ネット上での記事が見つけられなかったので
載せておきますね。

ー被災地の食事 卵・小麦・牛乳・・・-
「アレルギー 声あげて」

食物アレルギーがある被災者たちが
深刻な状況に置かれている。
命にもかかわることだけに、支援の輪は
徐々に広がっているが、
救いの手はまだまだ追いついていない。

専門家は各地の患者たちに、
「まず声をあげて」と呼びかけている。


食物アレルギーの乳児や患者が卵や小麦、
牛乳などの原因食材を口にすると、
下痢や嘔吐、意識障害を起こす恐れがある。
命を落とす危険もある。

仙台市にあるアレルギー対応の食品専門店
「ヘルシーハット」には、
各地の避難所などから
「ミルクがない」
「3歳の孫が避難所の食事を食べられない」と
次々に注文が来る。
しかし、在庫不足や交通事情で
届けられない地域も多い。
患者や家族はどうすればいいか。

阪神大震災で患者の治療にあたった
アレルギー専門医の佐守友仁さんは

(1)初めて食べる食品は成分表示を確認する

(2)子どもに食べ物をあげるときは
 「これ食べられる?」と聞いてから渡す

(3)ぜん息などアレルギーのある患者は
  ほこりだらけの場所に近づかず、
  外出時はマスクをする


の3点を挙げる。
「患者の把握なしには支援は進まない。
 患者や家族はまず声を上げてほしい」
と訴える。

患者支援団体のNPO法人「アレルギー支援ネットワーク
(名古屋市)と
米加工会社「エコ・ライス新潟」(新潟県長岡)は
アレルギー対応の非常食を、福島、宮城、岩手の3県に届けている。

アトピッ子地球の子ネットワーク」(東京都)も
すでにメーカーの協力でアレルギー対応の粉ミルクなど
トラック3台分の食品を病院などに送った。
相談も受け付け、患者用の炊き出しの準備も進めている。

 赤城智美事務局長は、
「食糧や薬がなくならないように、一層の支援が欠かせない」と
語った。

朝日新聞の記事はここまで。

続く・・・

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

きらきらこ☆

Author:きらきらこ☆
ようこそ!にこにこHOME ブログへ♪
にこにこHOME
(にこにこHOME サイト→こちら
を作っている子育て薬剤師ママです。
子供達の卵アレルギーをきっかけに、
地元で食物アレルギーの交流会もしています。
地元交流会の詳細は→こちらへ
2009年11月29日 食物アレルギーっ子講演会詳細は→こちらへ 最新情報は→こちらへ

心に残ったことなど、書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

↓クリック募金(クリックするだけで、募金ができます。
クリックした人に、費用はかかりません。是非クリック☆)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
食物アレルギーっ子交流会へのメール連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。