FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災地のアレルギー患者さんへの支援
東北関東大震災から一週間・・・

このたびの地震により被害を受けられました皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。


埼玉のこちらでは、震度5強。
はじめての大きな地震、そして停電生活。
部屋の中はぐちゃぐちゃになりましたが、
おかげさまで、ケガもなく、みんな元気に過ごしています。

今週は、計画停電が毎日行われていて、
ガソリン不足、パンなど食料品やティッシュなどの物資も不足していて
お店もちらほら地震の影響で閉店している中で、暮らしています。

今日、計画停電が終わった16時前ごろ、
NHKのニュースで、被災地へのアレルギー物資の支援のニュースが
流れました。

*******************
NHKのニュースはこちらへ。(しばらく動画が見られると思います)

“アレルギー患者に食品を
3月18日 12時33分

アレルギー患者の支援に取り組んでいる東京・新宿区のNPOでは、
全国の食品メーカーから寄付を受けた食料品などを被災地に届ける活動を始めています。

被災地に送るのは、アレルギーの原因となる卵や牛乳、小麦などを含まないパンや
玄米のおかゆ、それに有機野菜を原料にしたビスケットなど、
アレルギー患者が安心して食べることができる10種類ほどの食料品です。

ぜんそくやアトピー性皮膚炎の子どものために、
ダニやほこりがつきにくいぬいぐるみも合わせて送ることにしています。

NPOの事務所では、ボランティアがメーカーから届いた食料品をダンボール箱に詰めて、
「アレルギー患者用」と書かれたラベルを箱に貼る作業に追われていました。
食料品などは、被災地に物資を送る政府のトラックに積んで
今週中にも福島県と宮城県の3つの病院に送られる予定で、
その後、アレルギー患者がいる避難所に配布されるということです。

取り組みをはじめた「アトピッ子地球の子ネットワーク」の
赤城智美事務局長は
「アレルギー患者にとって対応した食料品が無いことは深刻な問題で、
 今後も多くの食料品を集めて届けていきたい」
と話しています。

*******************

実際に放送されたNPOアトピッ子地球の子ネットワークの
赤城理事のインタビューでは

食物アレルギーの人の食べ物というのは、
 医薬品と同じ
 と考えていまして、
 災害弱者といわれる方達にむけた物と一緒に
 お送りしている状態です」

と・・・。

卵が完全除去だったとき、
アレルギー対応の食品にどれだけ救われた日々だったか・・・。
このような気持ちをもって、活動をしてくださることが、
心に響きました・・・。


この支援活動を行っているNPOアトピッ子地球の子ネットワーク
毎年参加している、夏休みのキャンプでお世話になっているところです。

ちょうど昨晩、アトピッ子の吉澤さん
(ニュースでは一番初めに段ボールをたくさん抱えて運んでいる後姿を発見)
より、
「アレルギー患者・災害弱者の支援活動を展開する
 アトピッ子地球の子ネットワークへのご寄付。カンパのお願い」など
情報が回ってきたところでした。

~メールを一部抜粋します~

詳細はアトピッ子地球の子ネットワークの
災害支援情報
へ。

1.東北地方太平洋沖地震被災したアレルギー患者・災害弱者の支援活動を展開する、
アトピッ子地球の子ネットワークにご寄付・カンパをお願いいたします。

○みずほ銀行赤坂支店
普通1834363 アトピッ子地球の子ネットワーク
○楽天銀行サルサ支店 普通7043910
特定非営利活動法人アトピッ子地球の子ネットワーク
○ゆうちょ銀行019店 当座0117481
アトピッ子地球の子ネットワーク
(郵便振替00140-1-117481 アトピッ子地球の子ネットワーク)

2.アトピッ子地球の子ネットワークが被災地支援活動のために、寄付・カンパを集め
ていることを、友人知人に知らせてください。メール転送、Twitter、WEB、口コミな
ど。

3.皆様や友人知人、職場、企業、学校などが協力できることをお知らせください。
例 事務、物資仕分け、運転、トラック貸出し、倉庫貸出し、物資提供、寄付告知協
力、インターネット関連、現地情報・患者の要望収集、調理、物資手配など。

4.アトピッ子地球の子ネットワークボランティア登録をお願いします。
皆様のチカラを貸してください。
(1)当方事務所等での事務補助作業、支援物資発送補助作業など。
(2)時期をみて、できる範囲で、被災地現地での支援活動など。
(3)自宅でできる作業など。
*登録方法
このメールに下記の要項を記入し返信してください。
名前、メール(PC、携帯)、郵便番号・住所、TEL/FAX、携帯あなたにできること、得意
なこと。動ける日時・時期など。

■経過
1.3月11日(金)の東北地方太平洋沖地震以来、アトピッ子地球の子ネットワークは、被
災地のアレルギー患者支援(食物アレルギー、ぜんそく、アトピー性皮膚炎)・災害弱
者支援(妊婦、乳幼児・子ども、高齢者、消化能力が落ちている人、各種疾患のある人、
入院患者など)活動を続けています。

2.地震発生以来、政府災害対策本部と交渉し、一昨日3月15日(火)被災地向け政府便ト
ラック第1便を出すことができました。病院とショップに、食物アレルギー用食物(米
パン、菓子パン、菓子)、マスク、石鹸、ベビー用品等を送りました。

3.政府災害対策本部第2便を交渉中です。福島県の病院3カ所に支援物資を搬入すべく
準備しています。

4.支援物資を企業から集めています。短期間ですが事務所近くに倉庫を借りました。

5.必要な物資が必要な人に確実に届くよう、現地、患者の情報を集めています。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

~メール抜粋終了~

私にできることは、微々たるものだと思いますが、
皆さんにお知らせさせていただきます。

アレルギー対応の食品の存在に、どれだけ助けられてきたでしょう。
そして、被災地へ届けようとしているアトピッ子のみなさんの活動に
心から敬意を表し、金額はわずかですが、協力してこようと思っています。

一緒にテレビを見ていた子ども達は、
「あ!あのキャンプのおばちゃんだ」と
インタビューをうける赤城さんを見つめていました。
キャンプの時に、いつも会っている方が
テレビの向こうで、すごいことをしているということに
ビックリしていた様子でした。

毎日の計画停電、余震の続く中で
少しずつ、自分にできることを頑張って行こうと思っています。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

きらきらこ☆

Author:きらきらこ☆
ようこそ!にこにこHOME ブログへ♪
にこにこHOME
(にこにこHOME サイト→こちら
を作っている子育て薬剤師ママです。
子供達の卵アレルギーをきっかけに、
地元で食物アレルギーの交流会もしています。
地元交流会の詳細は→こちらへ
2009年11月29日 食物アレルギーっ子講演会詳細は→こちらへ 最新情報は→こちらへ

心に残ったことなど、書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

↓クリック募金(クリックするだけで、募金ができます。
クリックした人に、費用はかかりません。是非クリック☆)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
食物アレルギーっ子交流会へのメール連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。