アトピッ子地球の子ネットワーク夏休み環境教育キャンプ2011
2011年8月18日~20日
アトピッ子地球の子ネットワークの夏休み環境教育キャンプ2011 に
参加してきました(^^)

今年で4年連続での参加になります。
場所はいつもと同じ神奈川県立藤野芸術の家。

vcm_s_kf_repr_300x198.jpg

たくさんのボランティアのみなさんに支えられて、
今回も総勢100名位の人が集まります。
どしゃぶりの雨になったり、テント浸水などハプニングもありましたが
みんな元気いっぱい、美味しく楽しく過ごしてきましたよ。

長いので続く・・・
アトピッ子地球の子ネットワークの夏休み環境教育キャンプは
今年で、17回目。

我が家は4回目の参加になります。
毎年、毎年、「終わった時から、来年も行く!」と言い続けて
早4回目の参加となりました。

初めて参加した時は、娘が小2、息子が年長。
そして今年は、娘小5、息子が小3。
いやはや、大きくなったものです(^^)

はじめに参加した時、何よりも大きなきっかけだったのが
食物アレルギーがあっても「食事の心配をしなくていい」ということ。
遠くから来てくださる料理人さんや、
それを支えるたくさんのボランティアさんたち。
釜場で、暑い中、美味しい料理を作ってくれます。
アレルギーの症状がキツイ子にあわせて、できるだけみんなが同じものを食べます。

vcm_s_kf_repr_300x211.jpg

こんなかわいらしい看板が迎えてくれて、ボランティアのみなさんが
その人にあわせて、料理をもってくれます。
小さな子がいるママさんには、保育ボランティアさんが気にかけて手伝ってくれます。
本当に、みんなの気遣いがあたたかいところです。

そして、料理が毎回毎回、美味しいんですよぉ。
「作ってくれる料理」「野外で食べる」ということも大きいのかもしれませんが
野菜が甘かったり、素朴な美味しさが詰まっているんですよね~。

はじめて参加した時、緊張してほとんど食べることができなかった娘が
今年は「お肉、7枚食べた~!!!」とにっこにこ顔で、
遠くの私に叫んでいた時には
本当に成長を感じ、嬉しく思いました。
vcm_s_kf_repr_832x624_convert_20110821223346.jpg



小学生の子ども達には、日体大のボランティアさんや、
ほかの若いお姉さんボランティアさんが
ついてくださり、のびのびと、楽しく過ごします。
初日には、近くの沢へでかけ、飛び込んだり、水をかけあったり
とっても楽しかったようです♪

そして、小学生未満のお子さんたちは、
保育ボランティアさんに囲まれて、すごします。
お散歩やいろいろ作ったり・・・
楽しい時間をすごしていました。

vcm_s_kf_repr_300x225.jpg

大人たちは、子どもと離れて、大人プログラムです。
今年は、「アイカメラ」と「特集○○さん」。
どちらも、こんな時でないとできない、いろんな発見や気づきがある
プログラムです。
子どもと離れて、○ちゃんの母ではなく「自分」して
真剣に考えることのできる時間って、普段ないので
貴重な時間です。

2日目の夜は、今年もチンドン芸能社さんによる
チンドンショー♪

vcm_s_kf_repr_300x190.jpg
vcm_s_kf_repr_300x326.jpg
↑大迫力!

玉すだれは、子ども達も参加して一緒に盛り上がります。
みんなで大きな声で歌って、手拍子して(^^)
盛り上がるのでした♪

今回のキャンプでは、2日目のお昼に、
どしゃ降りの雷雨・・・
ちょうどお昼を食べようというところで、
バケツをひっくり返したような、大雨(涙)

雨・雷が、とってもとっても苦手な息子は
半泣きになりながら、耳をふさいでブルーシートに縮まっています。
同じグループのお兄ちゃんに事情を説明したら、
そばに寄り添って、励ましてくれています。
そんな中、雨がどんどんブルーシートにも侵食してきて
どんどんビショビショになっていきます。

食事をたべるところがなくなってしまうため、
大人が先に食べ、子ども達はイス席があいたら食べることに急きょ変更。
どしゃ降りの雨の中、小学生の子ども達による
1.2班 対抗 3.4班 の、歌合戦が始まりました♪
「かえるの歌」や「さんぽ」や「マル・モリ」・・・
最後には、おびえきっていた息子も元気になり
どしゃぶりの中、「ポケモン言えるかなBW」を元気いっぱい
お友達と一緒に歌うことができました。
この経験は、これからどんなに雨が降っても、
どんなに雷がなっても、きっときっと活きてくることだと思います。

今回のキャンプには、東日本大震災で被災した方の参加もありました。
過酷な、想像を絶する体験をお聞きすることができました。
この気持ちを、忘れずに、自分にできることを考えていきたいと思っています。

そして、被災地でボランティア活動をしている四万十塾の方の
話もお聞きすることができました。
このキャンプの主催のアトピッ子地球の子ネットワークでも、震災以後ずっと継続して
アレルギー患者や災害弱者支援を行っています。
活動の中で、さまざまなことがあったことと思います。
被災した方が「あの時、支援物資を届けてくださって、本当に助かりました」
と涙ながらに話されていて、生きるために、子どもを守るために
必死に頑張ってきた想いが伝わってきて、胸が熱くなりました。

夜、ママさんたちで、子どもが小学生で一緒にいなかったり、
パパさんが見てくれたりする方は、深夜までおじゃべりに
盛り上がりました。
暗~い中、お互いの顔も見えないけれど、
アレルギーっ子のママどおしならではの、
気もちが通じる会話で、話が尽きません。
ホントにたわいもない、アレっ子ママでない話題も、
いろんな話を、いっぱいいっぱい話しました。
こうやって、時間も気にせず、のんびり話ができるのも、
貴重な時間です。

・・・ということで、
美味しく、楽しい時間はあっという間にすぎてしまったのでした。

永谷園さんやケンミンさんなど、
サンプルをいただいたりもしましたよ☆

このキャンプを支えてくださっている
アトピッ子地球の子ネットワークのみなさん、
たくさんのボランティアのみなさんに心から感謝します。

そして、出会えたたくさんのアレっ子家族のみなさん、
どうもありがとう(^^)

キャンプが終わりましたが、
早くも「また来年も行く・・・」と、今年も言ってましたよ(^^;
Secret
(非公開コメント受付中)

参加したかったです

初めまして(?)こんにちは。
ミクシーの足跡から来ました、hitomiです。
もしかしたら五人の母さんの方がピンと来るかも知れませんね。

震災後、ご縁あってキャンプの問い合わせをしました。
末っ子は多岐に渡る食物アレルギーがあり、アナフィラキシーショックを起こすタイプ、エピペンを持っています。

まだ時期尚早かな?と、思い今回は見送りました。
いつかみんなと一緒にキャンプに参加できる日を夢見ています。



hitomiさま
はじめまして(笑)かしら・・・
hitomiさんが、五人の母さんでいらっしゃのですね~!(@@)
同じ埼玉ということで、どのあたりなのかしら・・・と思っていました。

アトピッ子のキャンプって、なかなか詳しく書かれているところがなく
謎につつまれているような印象があるようですが、
そんなことないよ~の意味を込めて、毎年ブログに書くようにしています。

またきっと来年もあると思いますので
(って、主催者じゃないけど・・・期待をこめて)
是非参加されてみてくださいね☆

多岐にわたる食物アレルギーっ子も、参加してますし、
エピペンもちもたくさん来ています。
(我が家もエピペンもって参加して3回目)

小さい時から、このアトピッ子キャンプに来ている子も
たくさんいて、年々、回を重ねることで、今度は
ボランティアとして来てくれている子もいました。

是非みんなで一緒に、キャンプに参加できたらいいですね☆
心配ごとは、きっとなるべく解決できるように
配慮してくれると思いますよ。

今度 ご一緒できます日を楽しみにしています(^^)
コメ、ありがとうございました!!
プロフィール

きらきらこ☆

Author:きらきらこ☆
ようこそ!にこにこHOME ブログへ♪
にこにこHOME
(にこにこHOME サイト→こちら
を作っている子育て薬剤師ママです。
子供達の卵アレルギーをきっかけに、
地元で食物アレルギーの交流会もしています。
地元交流会の詳細は→こちらへ
2009年11月29日 食物アレルギーっ子講演会詳細は→こちらへ 最新情報は→こちらへ

心に残ったことなど、書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

↓クリック募金(クリックするだけで、募金ができます。
クリックした人に、費用はかかりません。是非クリック☆)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
食物アレルギーっ子交流会へのメール連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード